HOME > 陶板浴とは
適度な温度(41度~43度)、適度な湿度(10%~30%)、50度に温まったタイルに横たわり、ゆっくり温まる健康法です。 眠っても問題ないほど体の負担は少なく、息苦しくもなく、お子様から年配の方まで安心してご利用頂けます。

陶板浴のタイルにはリバース溶液が練り込まれています

*リバース溶液とは必須ミネラルを多く含む安全な材料だけで作られた酵素培養液。
 このタイルを温熱して体を温めると、抗酸化効果が促され 体のさびを取り、免疫力を高めます。

*抗酸化効果とは老化や病気の原因になる体内の活性酸素を取り除く効果。

体の芯を温める

ゆっくり時間をかけて温めますので、背骨と骨盤内の神経をじっくり温める事が出来ます。

そして、副交感神経が優位になり、

  • *内蔵の働きを促進
  • *血管を拡げ血流がよくなる
  • *基礎体温が上昇
  • *代謝を良くし体内毒素を出す
  • *免疫力向上

などの効果があります。

体がゆったりしてさらに精神的にもリラックスできます。

浴室内の空気の効果

陶板を温熱すると、空気にも抗酸化効果があります。
湿度も内装によって抑えられていますので、カラッとして息苦しくなく汗も個人差はありますが大量に出ません。心地良い空気の中でじっくり温まることが出来ます。

身体に負担なく、芯から温まることができます。
湿度・温度ともに低く設定されていますので、息苦しさを感じず、心肺機能への負担も少ないため、お子様からご年配の方までリラックスしてご利用いただけます。